Book

スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 05――コミュニティの声を聞く。[SSIR Japan]

  • ¥2,750
    Unit price per 
Tax included.

社会変革

定価 2750円(税込)
頁数 160頁
判型・製本 B5変形判 並製
発売日 2023/09/07
ISBN 9784910602059
発行 SSIR Japan(発売:英治出版)

内容紹介

社会問題は、「社会の問題」という性質上、複雑性からのがれられない。一人の英雄、キレのいい政策、莫大な資金、最新のテクノロジーなどで一発解決することは不可能だ。だからこそ多様なアクター間のコラボレーションが必要となる。「つながりと流れ」を共有する人たちから構成されるコミュニティはそのコラボレーションの土壌であり、器であり、原動力になりうる。今号では、社会課題の現場としてのコミュニティと、その解決のためのリソースとしてのコミュニティという二つの側面をとりあげる。より重点を置いたのは後者である。

目次

<目次>
FEATURE
・政治にもイノベーションが必要だ
・最も持たざる地域が資金提供者から「相手にされない」理由
・起業家に無期限で伴走支援する「ペーサー」という存在
・都市型課題を解決するコラボレーション力の鍛え方

CLASSICS
・コミュニティ・エンゲージメントを高める6つの原則

OUR IDEAS
・日本で最も自殺の少ない町から学ぶ都市のデザインーー「路地」と「ベンチ」が援助希求行動を促す

OUR CHALLENGE
・市民主導の地域創生を牽引する4種のリーダーシップーー雲南市のまちづくりを支える「土・火・水・風」の人

QUESTIONS ON THE FORMATION AND REVITALIZATION OF COMMUNITIES

コミュニティの創造と再生をめぐる「問い」

・認知症の人と共生するために社会の仕組みをどう変えていくか(徳田雄人)
・助けを求められる場所をどうしたらつくり続けられるのか(齋藤直巨)
・「創造的過疎」という発想の転換は何をもたらしたか(大南信也)
・地域創生に「昔のような活気を取り戻す」以外の出口はあるか(西塔大海・齊藤智彦)
・起業家支援サービスの充実よりも大切なものは何か(笹原優子)
・都市部のコミュニティに共助の文化をどのように育むか(荒昌史)
・会社の垣根を越えて「資本に縛られない連帯」をつくることは可能か(竹井智宏)
・「誰かがやらなければいけないこと」は誰が引き受けるのか(田中輝美)
・「移民国家ニッポン」で在日が果たすべき役割とは(林晟一)
・なぜ里山の循環再生システムに人は引き寄せられるのか(藻谷浩介)

VIEWPOINTS
・「地元の人の意見」を聞くことが民主主義に反するとき
・「コミュニティ・オーガナイジングに「出し惜しみ」してはいけない

BOOKS
・「誰もがチェンジメーカーになれる」は本当か
・「人から人へ正義を「感染」させる世界の変え方
・人と自然の〈あいだ〉をめぐって

RESEARCH
・投資先の行動を変えたければ「株売却」より「意思表明」を
・1歳未満の子どもへの給付金がもたらすインパクト

著者

[編集]
SSIR Japan
『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー(SSIR)』は2003年にスタンフォード大学で創刊され、社会の新しいビジョンの実現に向けて実践する人たちのパートナーとして世界で読まれてきました。企業や行政、NPO、学校、特定の地域など、さまざまな場所にいる人たちの実践に役立つ研究成果や知見を提供しています。記事のテーマは、環境、教育、医療、ジェンダー貧困、食糧、都市問題などの個別の社会課題のほか、ビジネスとパーパス、非営利のマネジメント、インパクト投資、デザイン思考、AI やデジタルメディアの活用、公共政策、リーダーシップやマインドのあり方、コレクティブ・インパクトなど多岐にわたります。SSIR JapanはSSIR 日本版の発行者です。