Book
スローフード宣言――食べることは生きること[海士の風]

スローフード宣言――食べることは生きること[海士の風]

  • ¥1,980
    Unit price per 
Tax included.

アリス・ウォータース(著), ボブ・キャロウ(著), クリスティーナ・ミューラー(著), 小野寺愛(訳)

価格 1,980円(税込)
頁数 232頁
判型・製本 四六判 上製
発売日 2022/10/27
ISBN 9784909934024
発行 海士の風(発売:英治出版)

内容紹介

オーガニックの母が辿り着いた未来のかたち
半世紀前―カルフォルニア州バークレーの小さなレストランから「おいしい革命」は始まった。
全米に地産地消を広げ、世界中の料理人と教育者に影響を与えた著者の集大成
‐‐‐ "オーガニックの母"アリス・ウォータースが、生涯のテーマであるスローフードの世界観についてファストフードの世界観と比較しながら初めて語る。
私たちは食べることを通じてその世界を生きている。
「何を大切にし、どんな世界をつくりたいのか」
1970年代から人と食と地球に人生を捧げた著者が問いかける。
読み終えたとき、目の前の食事から、忘れかけていた大切なものが見えてくる。
美しさ、働く喜び、シンプルであること……
私たちのこころとからだを解きほぐす滋味あふれる言葉たち。
ほんの少し足をとめて、世界の豊かさを感じてみませんか。
本書「はじめに」より
「この本でお伝えするのは、食べることが人の暮らしと世界にどのような影響をもたらしてきたか、そして、その道筋を変えるために私たちにできることは何かということです。参考文献を並べた学術的なものではありません。すべて、実体験からお話します。食べることは、生きること。これが私の人生を導く哲学なのです。」

目次

はじめに
         ファストフード文化
便利であること
いつでも同じ
あるのがあたりまえ
広告への信頼
安さが一番
多いほどいい
スピード
スローフード文化
美しさ
生物多様性
季節を感じること
預かる責任
働く喜び
シンプルであるこ
生かしあうつながり
終章 どう食べるか、どう生きるか
あとがき、謝辞
訳者あとがき

著者

アリス・ウォータース/Alice Waters
アメリカで最も予約が取れないと言われるレストラン「シェ・パニース」のオーナーであり、世界中にスローフードを普及させ、「おいしい革命」を引き起こした料理人。1971年にカリフォルニア州バークレーでレストランを開業し、地産地消、有機栽培、食の安全、ファーマーズ・マーケットなど、今や食のトレンドとなった重要なコンセプトを実践、それはスローフード革命として世界中に広がった。ライフワークの一つとなっている「エディブル・スクールヤード(食育菜園)」は、学校の校庭に生徒がともに育て、ともに調理し、ともに食べるという体験を通して、生命(いのち)のつながりを学び、人間としての成長を促す教育活動として「エディブル教育」に発展し、日本にも広がっている。

【訳者紹介】
小野寺愛
国際交流NGOピースボートに16年間勤務し、世界中を旅する中で「グローバルな課題の答えはローカルにある」という答えを得て、一般社団法人そっかを共同設立。海と森を園庭とする保育施設「うみのこ」や小学生放課後の自然学校「黒門とびうおクラブ」を運営中。2018年著者来日の際に通訳を担当。日本スローフード協会三浦半島支部代表、エディブルスクールヤード・ジャパンのアンバサダー。