Book
独立外交官――国際政治の闇を知りつくした男の挑戦

独立外交官――国際政治の闇を知りつくした男の挑戦

  • ¥1,870
    Unit price per 
Tax included.

カーン・ロス(著), 北村陽子(訳)

価格 1,870円(税込)
頁数 304頁
判型・製本 四六判 上製
発売日 2009/02/09
ISBN 9784862760456
発行 英治出版

内容紹介

9.11、対テロ戦争、コソボ……だれも知らなかった「外交」の真実

経済危機、テロ、環境、貧困……世界中に影響する国際問題の現場で何が起きているのか?

イギリス外交官として最前線で活躍した著者は、イラク戦争に反対して職を捨て、大国に虐げられた人々を支援する「独立外交官」の活動を開始する。国際社会の不条理を抉る衝撃のノンフィクション。

「僕は国益のために働くのをやめた」

目次

第1章 国連安全保障理事会
第2章 大使館
第3章 選ばれた事実
第4章 理想に満ちた誤解
第5章 対立の構図
第6章 国益とは何か
第7章道義的責任
第8章 何かが欠けている
第9章 決裂
第10章 独立外交官
第11章 外交の終わり

著者

[著者]
カーン・ロス(Carne Ross)
15年以上にわたってイギリス外務省に勤務。1997~98年、英外相故ロビン・クックのスピーチライターを務める。その後4年半、国連安保理イギリス代表部に、中東問題の専門家、一等書記官として勤務。2004年、外務省を辞め、外交コンサルティングの非営利組織インディペンデント・ディプロマット(Independent Diplomat)を設立。国際政治の場で軽視されている、貧しく経験も乏しい政府や政治集団に、外交上のアドバイスと支援を提供する。支援先は、コソボ、ソマリランド、西サハラのポリサリオ運動の他、各種のNGOや国際機関。2008年のコソボ独立に貢献。インディペンデント・ディプロマットは多くの賛同と支持を得て、2009年1月現在、ロンドン、ニューヨーク、ワシントン、ブリュッセル、アジスアベバの5拠点で活動している。2005年、ジョセフ・ラウントリー公益信託によって「公正で平和な世界のためのビジョナリー・ピープル」7人のうちの1人に選ばれた

[訳者]
北村陽子(きたむら・ようこ)
東京都生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。