Book
地球の論点――現実的な環境主義者のマニフェスト

地球の論点――現実的な環境主義者のマニフェスト

  • ¥2,420
    単価 あたり 
税込

スチュアートブランド(著), 仙名紀(訳)

価格 2,420円(税込)
頁数 442頁
判型・製本 四六判 並製
発売日 2011/06/14
ISBN 9784862761057
発行 英治出版

内容紹介

若き日のスティーブ・ジョブズが熱狂して読んだ伝説の雑誌
ホール・アース・カタログ発行人が描く、地球の「グランドデザイン」。

原子力の是非、テクノロジーの進化、スラム経済の勃興、エンジニアと科学者と夢想家の役割、地球工学の公算……
私たちが目を向けなければならない、世界の諸問題を文化人類学に経済学や生物学、地球科学まで幅広い知見を織り込み、独自の理論と哲学で俯瞰して読み解く。

【ホール・アース・カタログ(Whole Earth Catalog】
スチュアート・ブランドが1968年に創刊。世界中に大きな影響を与えた伝説的カルチャー誌として、全米150万部のベストセラーを誇った。1972年には全米図書賞を受賞し、カウンター・カルチャーを牽引する、バイブル的存在だった。
1974年に惜しまれつつ休刊するも人気は根強く、2005 年6 月、スタンフォード大学卒業式でスティーブ・ジョブズがスピーチのなかで、同誌とスチュアート・ブランドのことを激賞。また2009年にはオフィシャル・サイトが公開され、これまで発行された全タイトルが閲覧できる。

【スチュアート・ブランド】
科学、生物学、地球工学、経済学、哲学など、幅広い分野に造詣が深い。また世界中の学者やエンジニア、環境運動家らと交流があり、常に最新の世界情勢を取り入れている。本書で扱う「スラムとBOPの可能性」「新しい原子力のパワー」「遺伝子組み換えの導入」「テクノロジーを活かした環境操作」などのテーマは、いずれも重要な問題なだけに意見が分かれるが、豊富な事例をもとに専門家の意見を多数紹介し、また賛成派と反対派の双方の意見を示したうえで、自身の見解を述べる。

『地球の論点』公式サイト
『地球の論点』公式ページ

目次

第1章 地球の趨勢
第2章 都市型惑星
第3章 都市の約束された未来
第4章 新しい原子力
第5章 緑の遺伝子
第6章 遺伝子の夢
第7章 夢想家、科学者、エンジニア
第8章 すべてはガーデンの手入れしだい
第9章 手づくりの地球

著者

[著者]
スチュアート ブランド(Stewart Brand)
編集者。未来学者。1938 年、アメリカ・イリノイ州生まれ。スタンフォード大学で、生物学を学ぶ。1968 年に雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同誌は全米150 万部のベストセラーとなり、カウンター・カルチャーのバイブルになった。また、WELL(Whole Earth `Lectronic Link)、グローバル・ビジネス・ネットワーク、ロング・ナウ・ファウンデーションな どのエコ関連団体を立ち上げ、環境保護論者の大物としても知られる。現在は、ネイティブ・アメリカンの数学者の夫人とともに、サンフランシスコ湾のタグボートで暮らしている。著書に、『メディア・ラボ』(福武書店)、How Buildings Learn、Clock of the Long Now がある。

[訳者]
仙名紀(せんな・おさむ)
翻訳家。1936 年、東京生まれ。上智大学新聞学科卒。朝日新聞社では、主として出版局で雑誌編集に携わった。最近の訳書としては、リチャード・フロリダ著『グレート・リセット』、ニーアル・ファーガソン著『マネーの進化史』(ともに早川書房)、ダン・ビュイトナー『ブルーゾーン』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。