決して折れない輝く木

老人は言った。

 

この密林の中に、「決して折れない木」が、ただ1本だけある。

しかしその木は、見た目は他の木と何一つ変わらない。

 

見つける方法はただ一つ。

 

一つひとつの木を、根気強く、

激しく揺すり、ナタを振り下ろし、ノコギリを引くのだ。

 

折れる木は、折れていくだろう。

「決して折れない木」も、揺すれば揺れ、ナタを振り下ろせば傷つき、ノコギリを引けば痛むだろう。

 

しかし、決して折れることはない。

 

旅人はさっそく、目の前の木を揺すった。

その木は、あっけなく折れてしまった。

 

旅人は次の木を揺すった。

しかし、折れることはなかった。

そこでナタを振り下ろしてみると、

一撃のうちに折れてしまった。

 

旅人は3本目の木を揺する。

折れる気配はない。

ナタを振り下ろしても、耐えている。

祈るような気持ちでノコギリを引くと、

願いは叶わず、その木も折れてしまった。

 

目の前の無数の木を有する密林を前に、旅人は座り込んだ。

 

再び老人は言った。

 

運の良い者は「決して折れない木」にすぐに出会うことができるだろう。

だが皆がそういうわけでもあるまい。

 

心の持ち方を教えよう。

 

出会えば「決して折れない木」の発見だ。

しかし、折れた木も、また発見なのだ。

「これは『決して折れない木』ではなかったのだ」という発見なのだ。

 

そう、すべては発見だ。

無駄なことは何一つない。

 

休みながらでもいい。

だが決して、動くことを諦めないことだ。

 

たくさんの木と出会いなさい。

たくさんの物事とぶつかりなさい。

たくさん空しい思いもしなさい。

 

ほんの数本のうちに出会えた者は、運が良かっただけだ。

 

全てやり切って、全てが折れてしまったと思えた時、顔を上げてみなさい。

荒れた大地に、ただ1本、そびえ立つ木に出会うだろう。

 

遅かれ早かれ、どちらにしても出会えるのだ。

動くことを諦めなければな。

 

「決して折れない木」は、見た目は他の木と変わらない。

だが、出会ったその時に、力強く輝きを放ち始めるのだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。