新刊情報

『PUBLIC DIGITAL(パブリック・デジタル)』
2022年8月発売
政府・公共機関など旧来型大組織のデジタル化はどうすればうまくいくのか。各国が模倣するイギリス政府のDXを担った特命チームGDSの中心人物らが、実践に基づき「デジタル組織のつくり方」を語る。
『THE HEART OF BUSINESS(ハート・オブ・ビジネス)』
2022年7月発売
「人こそが、ビジネスの核心。」──巨大企業ベスト・バイはどん底の最中、リストラでも事業縮小でもインセンティブでもなく、目の前の人とパーパスでつながることを選んだ。稀代のリーダーが初めて語る。
『DXの実務』
2022年6月発売
データ利活用の本質は何か。AIはどのように駆動するのか。どの順に、何を考え、何に注意してプロジェクトを行うべきなのか。DX推進のリアルな行程を具体性と汎用性にこだわって解説。
『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 02(SSIR Japan)』
2022年6月発売
スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版(SSIR-J)第2号のテーマは「循環」。大切なものを未来に受け継いでいくためのお金や資源の循環、それを支える思いやアイデアについて考えます。
『すべての子どもに「話す力」を』
2022年5月発売
学年とともに言えなくなる意見、出せなくなる個性──子どもに宿る可能性は、「プレゼン力」で開花する。受講生40,000人以上!公教育の場でリピートされる人気プログラムのエッセンスを凝縮!
『ネイバーフッドデザイン』
2022年4月発売
近くに暮らす人々の「ゆるやかなつながり」で、まちの課題を解決する。都市部におけるコミュニティ開発の手法を実践例を交えて紹介。まちづくりに携わる人、自分の住むまちを良くしたい人、必読の一冊。
『デュアルキャリア・カップル』
2022年3月発売
それぞれのキャリアも、二人で歩む人生も、諦めない。子育て、転勤、介護、退職、子どもの自立……人生100年時代、キャリア志向の二人が幸せに生きるための道標。『LIFE SHIFT』リンダ・グラットン推薦!
『ボートみたいなパパのうで』
2022年3月発売
こんな静かな夜は、はじめてだった。眠れないぼくは、パパに抱かれて庭に出た。赤い鳥は眠ってるの? キツネはパンを食べないかな? 幻想的な絵と静謐な言葉が織りなす、喪失と愛と癒しの物語。
『NPOの法律相談[改訂新版]』
2022年2月発売
電子契約の注意点は? 寄付集めで気をつけることは? 多くの非営利組織を支援する弁護士のグループがQ&Aで解説するNPO法務の決定版。民法・NPO法など最新の法改正・判例に対応。
『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 01(SSIR Japan)』
2022年1月発売
スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版(SSIR-J)の創刊号。どんな取り組みも一人の「わたし」から始まる。「わたし」という主語を取り戻し、新しい選択肢を見つけよう。
『集まる場所が必要だ』
2021年12月発売
1995年のシカゴ熱波で生死を分けた要因に社会的孤立があることを突き止めた著者。私たちの暮らしを守るには何が必要なのか?研究を通して見えてきたのは、「社会的インフラ」の絶大な影響力だったーー。
  • 英治出版twitterアカウント
  • 英治出版ブログ
  • 英治出版オンラインストア
  • EIJI PRESS Base
  • EIJI PRESS Lab
  • 海士の風

サイト内検索