線の神様

昔々 線の神様がいたそうです

 

 

 

 

 

 

ある日 線の神様は

その大きな指で

一本の横線を引きました

 

線の神様は

その横線の上と下に

名前を付けることにしました

 

線より上を 『ソラ』と名付け

線より下を 『ウミ』と名付けました

 

その線はときに

魚の生死を分けました

その線はときに

鳥の生死を分けました

 

 

 

またある日 線の神様は

その太い指で

一本の縦線を引きました

 

線の神様は

その縦線の右と左に

名前を付けることにしました

 

線より右を 『ワタシタチ』と名付け

線より左を 『アナタタチ』と名付けました

 

その線はときに

線の向こう側への憎しみを生みました

その線はときに

線の向こう側への無関心を生みました

 

 

 

線の神様は 困りました

線の神様は 名前を付けたことを

悲しみました

 

 

 

ある日 線の神様は 悲しみのあまり

その両手を合わせて お祈りをしました

 

そのとき 合わせた両手を見て

線の神様は気が付きました

線を引いたその指は

とても大きく 太かったのです

 

線の神様は気が付きました

その指で引いた線には

『ハバ』があることに・・・

 

 

 

線の神様は言いました

 

その『ハバ』は ソラでもなく

その『ハバ』は ウミでもありません

その『ハバ』は ワタシタチでもなく

その『ハバ』は アナタタチでもありません

 

でも・・・

 

その『ハバ』は ソラでもあり

その『ハバ』は ウミでもあります

その『ハバ』は ワタシタチでもあり

その『ハバ』は アナタタチでもあります

 

 

 

ソラは言いました

「それは、フシギな場所だ」

ウミは言いました

「それは、シンピテキな場所だ」

ワタシタチは言いました

「それは、モトメテイタ場所だ」

アナタタチは言いました

「それは、タシカニアル場所だ」

 

 

 

線の神様は その『ハバ』に

名前を付けることにしました

 

フシギで

シンピテキで

モトメテイテ

タシカニアル

 

その場所に

線の神様は 嬉しそうに

名前を付けることにしました

 

 

 

線の神様は その『ハバ』に

『平和』と名付けました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。