ブランディング出版

英治出版の提供する企業向け出版

英治出版では、大きく分けて2つの方法での出版を企業様へ提供しています。

業務委託形式

コスト負担型の出版プロジェクトです。部数や広告予算の取り方によって大きく異なりますが、平均的な体裁のビジネス書籍の場合、300~600万円でのご提案が標準的な価格となります。概ね以下のような条件・内容となります。

  • 出版プロジェクト費用の全額または一部を企業様に負担いただく。
  • 予算には、企画・編集・制作費、印刷費、などの他、協議に応じた広告予算を計上。販売状況の良・不良にかかわらず予定のプロモーションを実施。
  • 負担いただいた資金は回収できません(費用計上していただく扱いとなります)。
  • 買い上げ条件は、原則としてございません。
  • 企業PRのための見本の確保(100~1,000部、協議による)、メディア・有識者等への献本発送を行う。
  • その他、企業側ニーズに応じて柔軟に設計。

ファンド(匿名組合)形式

ブックファンドのスキームを利用した出版形態です。平均的な体裁のビジネス書籍の場合、400~600万円でのファンド組成が一般的です。概ね以下の条件・内容となります。

  • 出版プロジェクト費用の全額をファンド化し、匿名組合契約により出資していただく。
  • 予算には、企画・編集・制作費、印刷費、などの他、協議に応じた広告予算を計上。販売状況の良不良にかかわらず予定のプロモーションを実施。
  • 原則1年間の販売実績をもってプロジェクトの損益を算出し、出資金元本+損益を償還する。
  • 本の販売が好調な場合、出資額を回収、利益が出る場合もある。不調な場合は元本割れが生じるが、費用の追加負担は発生しない。
  • 英治出版はファンド管理手数料のほか、ファンド償還後の販売から利益を得る。
  • その他、企業側ニーズに応じて柔軟に設計。
 ※ 匿名組合の運用のため、英治出版は第2種金融商品取引業者を取得しております。
 ※ ブックファンド出版は、過去約50件の運用実績があります。ブックファンドについて こちら をご覧ください。

法人のお客さまへ

サイト内検索