書籍情報

『ソーシャル・スタートアップ』

ソーシャル・スタートアップ

組織を成長させ、インパクトを最大化する5つの戦略

Social Startup Success: How the Best Nonprofits Launch, Scale Up, and Make a Difference

キャサリーン・ケリー・ヤヌス
高崎拓哉
A5判 並製 280ページ 本体2,400円+税 2020年10月発行
ISBN10: 4-86276-280-8 ISBN13: 978-4-86276-280-1
ジャンル 経営・マネジメント
キーワード 非営利組織, NPO, 社会課題, 社会変革
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

善意とアイデアだけでは世界を変えられない。

教育格差の是正、テクノロジーによる医療問題の解決など、
 大きなインパクトを生み出す社会起業に共通する特徴とは何か。
自身もソーシャルビジネスの立ち上げに悪戦苦闘した著者が、
社会起業家など100人近くの関係者への聞き取りから見いだした戦略を紐解く。

ソーシャル・ビジネスに変革を起こしたリーダーも推薦!ウェンディ・コップ(ティーチ・フォー・アメリカ創設者)ムハンマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞者)
【社会課題解決に必要な5つの戦略】
①アイデアをテストする
②インパクトを測定する
③実験的な資金調達を行う
④共同でリーダーシップをとる
⑤魅力的なストーリーを語る

【豊富な事例】
教育、医療、コミュニティ、貧困問題など、様々な社会課題解決に奔走する当事者たちのリアルな言葉が、数多く収録されている。

目次
第1部 アイデアをテストする
第1章 発見フェーズ
第2章 すべてのステークホルダーを巻き込む
第3章 失敗を教訓と捉える
第2部 インパクトを測定する
第4章 説得力のある「変化の理論」を生み出す
第5章 データを最大限に活用する
第6章 データにストーリーを語らせる
第3部 実験的な資金調達を行う
第7章 収益のための実験に向けた土台をつくる
第8章 自己収益戦略をテストする
第9章 最適な資金調達を行う
第4部 共同でリーダーシップをとる
第10章 コレクティブ・リーダーシップを築く
第11章 幹部チームを早めに構築する
第12章 積極的な理事会をつくる
第5部 魅力的なストーリーを語る
第13章 優れたストーリーを生み出す
おわりに
謝辞
付録A 登場団体一覧
付録B 方法論
付録C その他の参考文献
原注
[著者]
キャサリーン・ケリー・ヤヌス Kathleen Kelly Janus
社会起業家、作家、スタンフォード大学講師。
慈善事業とミレニアル世代の参画、立ち上げ初期段階の組織の規模拡大の専門家。弁護士であり、スパーク(Spark)の共同創設者でもある。スパークは、男女平等のために活動する世界中の若者のコミュニティ形成をサポートしている。

[訳者]
高崎拓哉 Takuya Takasaki
1979年横浜市生まれ。大学院で歴史を学んだ後、おもにスポーツニュースの翻訳と書籍の翻訳を手がけるようになる。訳書に『不安を自信に変える授業』『あなたはあなたが使っている言葉でできている』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ルーキー・ダルビッシュ』(イースト・プレス)、『悲劇的なデザイン』『カーム・テクノロジー』(以上、BNN新社)、『スパイダー・ネットワーク』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、『虎とバット』(ダイヤモンド社)など。

こちらもおすすめ

『非営利組織のガバナンス』

『非営利組織のガバナンス』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:非営利組織

『NPOの法律相談』

『NPOの法律相談』

ジャンル:ソーシャルイノベーション
キーワード:NPO

『社会的インパクトとは何か』

『社会的インパクトとは何か』

ジャンル:ソーシャルイノベーション
キーワード:インパクト評価

サイト内検索