書籍情報

『僕らはソマリアギャングと夢を語る』

僕らはソマリアギャングと夢を語る

「テロリストではない未来」をつくる挑戦

著者 永井陽右
四六判 並製 238ページ 本体1,500円+税 2016年5月発行
ISBN10: 4-86276-222-0 ISBN13: 978-4-86276-222-1
ジャンル ソーシャルイノベーション, ノンフィクション
キーワード 紛争予防, 平和構築, NPO, 国際協力, 社会起業
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

「人生をやり直しはじめたよ」
社会から嫌われ心を閉ざすギャングを、
日本とソマリアの若者たちが変えていく――!

BBC、アルジャジーラ、ソマリア国営放送、J-WAVE、日本テレビ…
各国メディアが注目!
「世界最悪の紛争問題」に挑む若者たちの奮闘記

「ソマリアなんて、誰も何もできやしないよ」
何度そんなことを言われただろう。

ある日知ってしまった紛争地の問題を、「何とかしたい」と思い立つ著者。
「無理だ」と言われ続けながらも、日本とアフリカで仲間を集め、
「自分たちだからできること」を探し続けた。

現実と理想のギャップ、答えが見えない無力感、仲間との対立……
数々の困難を乗り越えた末に出会ったのは、
「テロリスト予備軍」と呼ばれる同年代のギャングだった。

第1章 出会い――「ここはテロリストの巣窟だ」
第2章 行動――模索する日々
第3章 葛藤――これがやりたかった活動なのか?
第4章 転機――「テロリストではない未来」をつくる
第5章 挫折――僕らの暗黒時代
第6章 前進――僕らはソマリアギャングと夢を語る
第7章 未来へ――夢に向かって、一歩ずつ進み続ける
[著者]
永井陽右
日本ソマリア青年機構全体代表。1991年神奈川県生まれ。早稲田大学在学中にソマリアの大飢饉と紛争の問題を知り、日本で唯一のソマリアに特化したNGO「日本ソマリア青年機構」を設立。2015年4月早稲田大学教育学部複合文化学科卒。同年9月よりロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの紛争研究修士課程に在籍。これまで人間力大賞、小野梓記念賞など受賞多数。

こちらもおすすめ

『祈りよ力となれ』

『祈りよ力となれ』

ジャンル:ソーシャルイノベーション, ノンフィクション
キーワード:ノーベル賞

『私は、走ろうと決めた。』

『私は、走ろうと決めた。』

ジャンル:ノンフィクション
キーワード:チャリティラン

『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』

『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』

ジャンル:スキル・キャリア, ソーシャルイノベーション
キーワード:社会起業家

サイト内検索