書籍情報

『決断の本質』

決断の本質

プロセス思考の意思決定マネジメント

著者 マイケル・A・ロベルト
訳者 スカイライト コンサルティング株式会社
A5判 上製 352ページ 本体1,900円+税 2006年7月発行
ISBN10: 4-901234-94-3 ISBN13: 978-4-901234-94-8
ジャンル 経営・マネジメント
キーワード 意思決定, マネジメント, 経営
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

なぜ、失敗するのか?――「結論」よりも「プロセス」を問え!

重要な決断が下された後で、どうにも腑に落ちない思いを抱いたことがないだろうか。「どうして、あの時、あんなバカな決断をしたのだろう?」と。

なぜ、判断を誤ったのか。なぜ、決めたことが実行されないのか。

ビジネスの様々な局面で人が直面する、迷いや不安、組織の壁、錯綜する情報、議論の迷走……。世界の不確実性を前に、それでも必死に「答え」を見出そうとする努力は、しかし、必ずしも報われるとは限らない。

――真に重要なのは、意思決定の「結論」ではなく「プロセス」なのである。

ケネディの誤算、エベレスト登山隊の悲劇、ジャック・ウェルチの改革、コロンビア号の惨事、ノルマンディー上陸作戦……。ビジネスだけでなく、多種 多様な分野の事例研究によって著者が到達したのは、人間性の本質に迫る、透徹した洞察である。本書で示される「成功する意思決定プロセス」の条件と、「意 思決定の4C」をはじめとする実践的なガイドラインは、リーダーやマネジャーは勿論、組織に関わるすべての人に多大な示唆をもたらすに違いない。

いわゆる意思決定論やリーダーシップ論を超えた、画期的な人間行動論である。

日本語版 訳者まえがき
はじめに

PART1 意思決定プロセスを導く
第1章 リーダーシップへの挑戦
第2章 決定する方法を決定する
PART2 意見の対立を促す
第3章 硬い壁と柔らかい壁
第4章 アイデアの衝突を促す
第5章 対立を建設的に解決する
PART3 コンセンサスを形成する
第6章 優柔不断の力学
第7章 正しいプロセスを追求する
第8章 実行につながる決断
PART4 新たなリーダーの条件
第9章 自制心をもって導く

著者:マイケル・A・ロベルト

ハーバード・ビジネススクール教授。経営学総論、経営意思決定、ビジネ ス戦略のコースで教鞭をとる。特に注力している研究テーマは戦略的意思決定プロセスとトップマネジメント・チーム。ハーバード・ビジネスレビュー、リー ダーシップクォータリー等に寄稿多数。また、モルガン・スタンレー、ノバルティス、世界銀行をはじめ多数の組織でリーダーシップ開発プログラムを実施して いるほか、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ロッキード・マーティンなどの顧問を務めている。ハーバード大学経営学修士号およびハーバード・ビジネスス クールの博士号を取得。修士課程に在籍時、学部生に経済理論入門コースを教え、優秀な教育指導者に贈られるアリン・ヤング賞を二度受賞した。

こちらもおすすめ

『ロジカル・プレゼンテーション』

『ロジカル・プレゼンテーション』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:プレゼンテーション

『MBA式 面接プレゼン術』

『MBA式 面接プレゼン術』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:MBA

『熱狂する社員』

『熱狂する社員』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:社員

サイト内検索