書籍情報

『企業創造力』

企業創造力

組織の可能性を呼びさます6つの条件

CORPORATE CREATIVITY

著者 アラン・G・ロビンソン
著者 サム・スターン
四六判 上製 320ページ 本体1,800円+税 2007年2月発行
ISBN10: 4-901234-88-9 ISBN13: 978-4-901234-88-7
ジャンル 経営・マネジメント
キーワード 創造力, 企業, 組織
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

クリエイティブであり続けるには

付加価値競争の時代。クリエイティビティこそ重要であるという理解は浸透した。しかし、なぜひとは創造し、革新しようとしないのか。この問いかけから、クリエイティビティの芽を摘む、発明黄金時代からの先入観と、大量生産時代のマネジメントの姿が浮かび上がる。そういった先入観や業務プロセスを取り払うと同時に、クリエイティビティを促す方法を例示する。

現実の組織でイノベーションと改善がどのように実現されているか。長年の調査の結果、欠くことのできない要素が6つあることがわかった。個人や企業がこの6つの要素を活用すれば、これまでのような「偶然の産物」を、継続的・持続的なクリエイティビティに変えていくことができる。

プロローグ 企業に眠る創造力

PART1 コーポレート・クリエイティビティとは
  第1章 コーポレート・クリエイティビティの本質
  第2章 クリエイティブ神話
  第3章 真にクリエイティブな人物

PART2 コーポレート・クリエイティビティを高める6つの条件
  第4章 意識のベクトルを合わせる
  第5章 自発的な活動を促す
  第6章 非公式な活動を認める
  第7章 セレンディピティを誘発する ― 偶然を洞察する
  第8章 多様な刺激を生みだす ― 拡散的に思考する
  第9章 社内コミュニケーションを活性化する

エピローグ 旅の出発点
著者:アラン・G・ロビンソン(Alan G. Robinson)
マサチューセッツ州立大学経営管理学教授。企業創造力に関する調査のため、日本やアメリカ、インド、中国など、数百にのぼる企業を訪問。8カ国50社を超える企業でクリエイティブ育成戦略についてコンサルティングを行う。

著者:サム・スターン(Sam Stern)
オレゴン州立大学教育学部長。クリエイティビティに関する調査と執筆を進め、ハーバード大学経済学部や東京工業大学などで教鞭を執る。1990~92年、日本に滞在。HP、NASA、NEC、セイコーエプソンなどでクリエイティビティ・アドバイザーを務める。
雑誌「週刊エコノミスト」の書評で紹介されました。

2007.12.3

「アントレ 6月号」の「土井英司の読まずに起てるか」で「学習・思考力を高める6冊」として紹介されました。

2007.4.27

「日経ビジネス」の書評で、みずほコーポレート銀行の山本茂氏に紹介されました。

2007.4.16

日経産業新聞書評「気になる2冊」で紹介されました。

2007.3.23

藤井孝一氏のビジネス選書&サマリーで紹介されました。

2007.3.19

松山慎之助氏のWebook of the Dayで紹介されました。

2007.3.14

アマゾン元バイヤー、土井英司氏による厳選ビジネス書評メルマガ「ビジネス・ブック・マラソン」で紹介されました。

2007.3.11

有隣堂 ルミネ横浜店で先行発売開始。

2007.2.19

ブックファースト 渋谷店、有隣堂 アトレ目黒店で先行発売開始。

2007.2.21

こちらもおすすめ

『ダイアローグ』

『ダイアローグ』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:ピーター・センゲ

『シンクロニシティ』

『シンクロニシティ』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:ピーター・センゲ

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:ハーバード

サイト内検索