読者の感想

読み継がれてほしい自己啓発の一冊。
カーネギー、ドラッカーの本のように、
自分を深く考え革新を起こすような導きに、
好感がもてる内容だと思います。

柏 明美
八重洲ブックセンター本店

------------------------------------------------------------

個人が、組織が、
そして社会・国家が自らを変革し続けるためには?
本書は無数の視点から照らしだしている。

藤村 厚夫
ブロガー、起業家

------------------------------------------------------------

時空を超えて、巨星が優しくも厳しく激励してくれる。
希望を持ちつつ努力しなければ自己革新は起こせないと。

清水 馨
千葉大学法経学部准教授

------------------------------------------------------------

やがて来る衰退に怯えつつ停滞するのでなく、
革新を生み続ける動的なシステムを手にする成熟を目指す。
21世紀を生き抜くための心構えがここにはある。

吉川 昌孝
博報堂生活総合研究所 動態研究グループ 主席研究員

------------------------------------------------------------

高い理想を掲げつつ、親しみやすい。
堅固な論理を用いつつ、情緒に訴えかけてくる。
自己革新という終わりのない旅の、最良のガイドブック。

堀内 浩二
アーキット代表取締役

------------------------------------------------------------

これは読むための本ではない。
考えるための本である。
そして行動を起こすための本だ。

木村 浩司
経営コンサルタント

------------------------------------------------------------

個人と社会は、絶えざる現実の変化にどのように向き合うべきか。
この問いに対する答えを、半世紀経つ今も色あせない考察から学べる。

古屋 荘太
本の企画

------------------------------------------------------------

本書が半世紀前の著作である事実に驚嘆を覚える。
革新という深遠なテーマの本質を突く一方で、
個々人の小さな革新的行動を優しく後押ししている。

國則 祥介
経営コンサルタント

------------------------------------------------------------

「衰退・崩壊・悲観」。ガートナーは、我々を鼓舞する。
悲観は歴史の常、社会のための創造性の源は、私(個人)の中にある。
未来を創ることに貢献しようと。

濱 久人

------------------------------------------------------------

個人と組織の間に生じる力学、自律の意識と多元主義を認めることによる自由の重要性等、自身/自社/社会の状況を考えさせられました。
読み易くかつ味わい深い文章/日本語でした。全ての注釈が見開きページ内に収まっている点も、非常に読み易く感じました。

(匿名)

------------------------------------------------------------