“壁がないとイヤなんだ。常に追われているくらいが、僕にとってはちょうどいい。”

NPOマネジメントの通信教育がついに始まった。

年末に受ける准認定ファンドレイザーの資格試験に向けて必須の講座。

 

■ミッション・ベースド・マネジメント

■ガバナンス

■中期計画

■ファンドレイジング

■人財開発

■財務・会計

■広報戦略

■非営利組織の評価

■企業の社会貢献とNPO

 

の9つのテーマを学ぶ。

どれもしっかり学びたいけど、

特に関心が高いのは「今自分に求められている分野」

求められるからこそ、越えるべき課題があるからこそ、

特に注力すべき分野が初めて見える。

それが「課題」「壁」の恩恵だと思う。

 

 

 

壁がないとイヤなんだ。

常に追われているくらいが、

僕にとってはちょうどいい。

??『察知力』著:中村俊輔、幻冬舎新書

 

 

 

これから色んな理論や、よそのベストプラクティスを学ぶのだと思う。

だけどもっと大事なのは、それらの理論や成功例は「どういう状況下だったから」うまくいったのかを知ること。

どんな状況にも当てはめられる魔法はないから。

俊輔の言葉を使えば、状況を「察知」する力がなければ部分的な真似ごとをしても効果は薄い。

理論や事例の状況を知ると同時に、欠かせないのが、

 

「自分の現状を直視する力」

 

直視すれば嫌なものも見えてくる。

至らない自分。

不完全な自分。

情けない自分。

だからこそ、人は多くの場合現状の直視から逃げてしまう。

 

でも、それはただの保身で。

 

成し遂げたいことよりも、我が身可愛さが上回ってしまっている。

本当にもったいないことなんだと思う。

 

 

 

足りないものがわかれば、それを埋めることを考えればいい。

何も分からないよりは、よっぽど素晴らしい。

??『察知力』著:中村俊輔、幻冬舎新書

 

 

 

「至らない自分」は恥ではない。

「至らなさから目をそらす自分」を恥じたい。

 

直視する勇気を忘れず、

学ぶスピードを上げる。

学んだことを使うスピードを上げる。

使った結果の反省のスピードを上げる。

 

待ってくれない現状、追ってくれる壁があるからこそ、

走っていける気がする。

 

“壁がないとイヤなんだ。常に追われているくらいが、僕にとってはちょうどいい。”」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。