再出発の日に。 ~人生は転ぶものだから、立ち上がり続ける。~

7月24日。

この日ともう一度対峙するためにこの一年間必死でもがいてきた、と言っても過言じゃない。

 

今年のこの日を「再出発の日」にすると誓ってきた。

その想いを胸に、どれだけ努力してきたか。

 

止まりたくないのに動けないもどかしさをずっと抱えてきた。

言い訳を抱えながら生きている気がしてずっと苦しかった。

少しずつ登ってきて、今日まだ滑り落ちるかもしれないと、ずっと怖かった。

 

だけど、やっと進めそう。

 

「時間が経てば立ち直れる時が来る」

そんな綺麗ごとは僕には言えなさそう。

待っているだけだったらダメだったと思うから。

僕がやったのは、待つことではなく、「必ず立ち直る」と強く決意することだった。

うまくいく保証なんてないし、やり方だって分からなかったし、不安だらけだった。

でもとにかく、先に「必ずどうにかする」と、無理矢理にでも固く決意した。

そして、その瞬間その瞬間の自分にできる“1”をひたすら積み重ねてきた。

できることが極端に減ってしまった中でも、「それでも今できる“1”はなんだ」と常に自問してきた。

ただ止まって待っていたら、今日この日、今の自分はなかったと断言できる。

一ミリずつでも、体を引きずってでも進んできたことが今に繋がったと。

 

この1年間、必死でもがいて、色んなものを犠牲にして学んだこと。

それは「立ち上がり方」。

人生に転ばない方法はない。

何かをしようとすれば転ぶリスクがあるし、

何もしなくても外圧で転ばされることがある。

人生は転ぶもの。

だから、「決して転ばない」方法なんて探る必要はなくて、

「何度でも立ち上がる」決意が何より大事。

 

スピードを緩めてもいい。

時々止まってもいい。

でも、止まり続けないこと。

 

どんなに周りがサポートしてくれても、最後に1歩足を進めるのは自分自身に他ならない。

誰にも譲れず、誰にもお願いできない、自分自身にしかできない瞬間がある。

そこだけは放棄しちゃいけないんだよね。

そうして自分の力で進めた微々たる1歩を日々自分で認めることで次の1歩に繋げる。

 

進むことは、自分を救うこと。

わずかでも進んでいるという実感がいつか希望に繋がる。

 

とても大切なことを苦しかったこの1年間は教えてくれた。

もう1年前の自分じゃない。

 

 

 

今日から、再出発します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。