カンボジアに映画を届けてきた:2日目? ~コミュニティファクトリー~

7月10日。

 

 

こんな一日の始まり方もいい。

AM6:30のこと。

こんな早朝から、ゲストハウスの向かいの小学校は騒がしかった。

 

ゲストハウス向かいの小学校

 

7時前からけんけん鬼ごっこをする元気さ!

混ざりたかった・・・(笑)

 

朝食を済ませ、トゥクトゥクに乗り込む。

 

風が気持ちいいトゥクトゥク

 

カンボジアらしいこんな光景も。

 

何人乗ってるでしょう?

 

だんだんと農村の風景になってゆく。

 

穏やかな農村風景

 

シェムリアップ市内からトゥクトゥクで1時間ほど。

向かった先は・・・

 

コミュニティファクトリー

 

NPO法人かものはしプロジェクトさんの工場。

かものはしは、カンボジアの児童買春問題の撲滅を目指し、

10年以上活動を続けている日本を代表するNPO。

出稼ぎの話で騙されて都市部に女性が売られないために、

ハンドメイドのお土産商品を生産する工場を2008年に設立。

現在、130名以上の女性を雇用している。

 

前回の訪問から4年ぶり。

ご縁あって、今回も訪問させていただくことに。

ご案内してくださるのは・・・

 

田中將介くん

 

現地でインターンをしている田中將介(まさ)くん。

なんと、6月7日の僕の講演会に来てくれてからのご縁!

この日のすぐ後から現地入りすることを聞き、

「カンボジアで再会とかできたら嬉しいですね~」

なんて言っていたら、本当に叶った!

 

 

 

4年ぶりのコミュニティファクトリーは進化していた。

 

工場に隣接する新しいオフィスを建設中だったり

 

ライフスキル教育の一環で識字教室を開設したり

 

まさくんの、現地入り一ケ月とは思えない素晴らしい案内が始まった・・・

 

 

 

行程?:イグサ選別

 

コミュニティファクトリーの製品の多くはイグサ製。

まずは、色・太さ・ささくれなどの観点からイグサを選別。

 

すでに染色されてあるものも置いてあった

 

行程?:染色

 

選別された使えるイグサを染色する。

 

この釜で染色(今日はやっていなかった)

 

色によって、数分つけるものから、15秒ほどで引き上げるものもあるそう。

染色したイグサは、こちらで干す。

 

干すところ(雨期なので今日はなし)

 

 

 

~休憩~

 

休憩時間には、子連れのワーカーのこんな一コマも。

 

水浴びタイム

 

「何見とんじゃ、ワレェ~!」

 

~休憩終り~

 

 

 

行程?:織る

 

染色されたイグサを織っていく。

 

イグサを織る女性

 

僕らも織る体験をさせていただいた。

 

代表、イグサ織りに挑戦

 

これがなかなか難しい!

ワーカーの女性達がいかに修錬されているかが肌で分かった。

 

行程?:整える

 

織られたイグサを切って形を整える。

 

製品の形に整える

 

行程?:検品

 

製品出荷前の最後のチェック。

この行程はベテランワーカーが担うそう。

 

出荷前最後のチェック

 

行程?:販売

 

こうしてできあがった製品をお土産商品として販売する。

 

ファクトリーに併設されたショップ

 

シェムリアップのオールドマーケットにも、

かものはしショップを構えている。

 

皆さんも訪問できます

 

このコミュニティファクトリー、

誰でも見学できるようになっている。

 

http://www.kamonohashi-project.net/activity/factory/cfvisit/

 

カンボジアに行く際は、立ち寄ることを強くおすすめします。

 

 

・・・

 

 

 

この仕組みを異国の地で一から立ち上げてきたことを想う。

どれだけ大変だっただろう。

 

僕が初めてカンボジアに来たのが2008年3月。

かものはしプロジェクトのスタディーツアーへの参加だった。

2008年はちょうどコミュニティファクトリー事業が始まった年。

あれから5年間の歩みをこの目で見れて本当によかった。

 

オールドマーケットのショップ店員を務めるレイさんは、

元々ファクトリーのワーカーだった。

この昇進ストーリーはファクトリーのモデルケースだそう。

http://www.kamonohashi-project.net/letter/2013/07/post_386.html

同じように羽ばたいていく女性達がこれからも出てくるのだと思う。

ファクトリーでインタビューさせてもらったある女性は、こう言った。

 

 

 

「将来はかものはしのスタッフになりたい」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。