“人には口が一つなのに、 耳は二つあるのは何故だろうか・・・”

今日もお疲れさま。

本日の良い言葉です。

 

 

 

今朝起きて、なんとなく机の引き出しを開けると、“ものさし”が目に飛び込みました。

 

グサッ!

 

嘘です。

ただ、そのものさしを見た瞬間、閃くようにこう思ったんです。

 

「傾聴」って、相手のものさしを知って、

相手のものさしで理解してあげることだ。

 

そんな衝動的な発想から、今日はこんな記事を頑張って書きました↓

 

“きき上手”を目指して意識し始めた3つの「きく」の使い分け。

http://eijipress.co.jp/chicken/?p=3647

 

「きく」は「話す」以上に大事にしていることなので、

一度まとめることができて僕自身もすっきりです。

やっぱ書くっていいですね~

 

ということで、今日はこの記事でも紹介したこの言葉を↓

 

 

 

 

 

人には口が一つなのに、

耳は二つあるのは何故だろうか。

それは自分が話す倍だけ

他人の話をきかなければならないからだ。

ユダヤの格言

 

 

 

 

記事に書いた「聞く」「聴く」「訊く」の使い分け、

これからも大事にしたいと思います。

 

 

 

・・・

 

 

 

明日は、先日の「100年続く学生団体に必要な7つのこと」でご一緒した登壇者の方とお会いしてきます。

一生懸命「傾聴」して、たくさん学ばせてもらおうと思います。

 

そしてその後は、ひっっっさしぶりのJリーグ観てきます!

先輩、あざすm(_ _)m

 

永遠のファンタジスタ俊輔・・・見せてくれ!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。