後ろから照らせる光に。

 

 

 

 

眩し過ぎる光に照らされた世界は、全てが黒く見えた。

あんなに白かった雲でさえ。

 

人もまた、光を放つ。

時に、強過ぎる光を。

正面から浴びた者の目を眩ませているとも知らず。

光は、彼を、彼女を、影に変えた。

 

 

 

・・・

 

 

 

僕は、後ろからそっと照らせる人であれたらと思う。

誰のおかげかなんて分からなくてもいい。

本当は分かって欲しい自我を抱えながらも。

月明かりほどの優しさで。

灯りのない夜道を行く旅人の、

足元の一歩先を照らせるように。

 

 

 

 

 

そういえば、チャリ旅中も同じようなことを書いてました↓

 

チキン通信(MFC):第1号 『光の照らし方』

http://eijipress.co.jp/chicken/?p=400

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。