カテゴリー別アーカイブ: 1日1つ良い言葉

毎日一つずつ、自分が「いいな」と思った言葉を紹介していきます。

“壁がないとイヤなんだ。常に追われているくらいが、僕にとってはちょうどいい。”

NPOマネジメントの通信教育がついに始まった。

年末に受ける准認定ファンドレイザーの資格試験に向けて必須の講座。

 

■ミッション・ベースド・マネジメント

■ガバナンス

■中期計画

■ファンドレイジング

■人財開発

■財務・会計

■広報戦略

■非営利組織の評価

■企業の社会貢献とNPO

 

の9つのテーマを学ぶ。

どれもしっかり学びたいけど、

特に関心が高いのは「今自分に求められている分野」

求められるからこそ、越えるべき課題があるからこそ、

特に注力すべき分野が初めて見える。

それが「課題」「壁」の恩恵だと思う。

 

 

 

壁がないとイヤなんだ。

常に追われているくらいが、

僕にとってはちょうどいい。

??『察知力』著:中村俊輔、幻冬舎新書

 

 

 

これから色んな理論や、よそのベストプラクティスを学ぶのだと思う。

だけどもっと大事なのは、それらの理論や成功例は「どういう状況下だったから」うまくいったのかを知ること。

どんな状況にも当てはめられる魔法はないから。

俊輔の言葉を使えば、状況を「察知」する力がなければ部分的な真似ごとをしても効果は薄い。

理論や事例の状況を知ると同時に、欠かせないのが、

 

「自分の現状を直視する力」

 

直視すれば嫌なものも見えてくる。

至らない自分。

不完全な自分。

情けない自分。

だからこそ、人は多くの場合現状の直視から逃げてしまう。

 

でも、それはただの保身で。

 

成し遂げたいことよりも、我が身可愛さが上回ってしまっている。

本当にもったいないことなんだと思う。

 

 

 

足りないものがわかれば、それを埋めることを考えればいい。

何も分からないよりは、よっぽど素晴らしい。

??『察知力』著:中村俊輔、幻冬舎新書

 

 

 

「至らない自分」は恥ではない。

「至らなさから目をそらす自分」を恥じたい。

 

直視する勇気を忘れず、

学ぶスピードを上げる。

学んだことを使うスピードを上げる。

使った結果の反省のスピードを上げる。

 

待ってくれない現状、追ってくれる壁があるからこそ、

走っていける気がする。

 

“お礼なんていらない。だって私も嬉しいんだもの。”

初めて観た。

 

猫の恩返し

 

~ネタバレ注意~

 

絵があんまりジブリっぽくなかったけど、

ストーリーはシンプルでよかったな~

 

猫の国の猫たち、

恩返しのつもりが御節介になったり自分たちのエゴになってたり、

人間界のあるあるを演じてくれてるよね。

それが主人公ハルを困らせて、

「猫なんて助けない方がよかったかも」なんて思うんだけど、

最後にはきちんと善意が報われる。

一回揺さぶるとことろがいいよね。

 

クライマックス、

王子の「何か恩返しができますか?」の問いに対するハルのセリフがいい。

 

 

 

お礼なんていらない。

だって私も嬉しいんだもの。

? ハル(猫の恩返し)

 

 

 

まず見返りを求める善意が綺麗じゃないと否定されて。

今度は見返りを求めない善意なんて難しいと否定されて。

理想的な善意の形なんて今でもよく分からないけど、

やって「自分も嬉しい」と思えることってとっても大事だと思う。

 

悪者役の猫王も、最後に「もう引退かな」とこぼす弱音に、

大臣が「ご一緒します。」って言うシーンもいいよね。

救われない悪者で終わらせない作者の思いやりを感じる。

この辺はアンパンマンのやなせ哲学にも通じるかな。

 

 

 

子ども達に見て欲しい映画だな~と思う。

再来週のラピュタも楽しみ!

ラピュタのモチーフになった遺跡に行ってきたばかりだからね。

その遺跡に行ったご報告も近々書きます。

 

この中でいったい何人の人達が一生に一回だけの機会を見にきたんだろう

W杯最終予選に続き、コンフェデレーションズ杯が盛り上がっています。

ブラジル、強かった・・・

 

土曜日に久しぶりにフットサルもして、

サッカー熱がガンガン上昇中です。

(割れた左足の親指の爪は痛い・・・)

 

そんな中で、「キング」こと、三浦知良選手(カズ)はやはり尊敬しています。

日本でもプレーし、香川選手が活躍している名門マンチェスターユナイテッドにも所属していた、

韓国の朴智星(パクチソン)という選手に、こんな言葉をかけたことがあるそうです。

 

 

 

 

 

ブラジルでは貧しくて、

ブラジル人なのに一生スタジアムに来れない人が沢山いるんだ。

ブラジル人にとっては悲劇だよ。

 

智星、わかるかい?

 

ブラジルで俺は試合前に必ずスタジアム全体を見る。

この中でいったい何人の人達が一生に一回だけの試合を見にきたんだろうと思うんだ。

すると全身にアドレナリンが溢れてきて、

喧嘩した直後みたいに身体が震えてきて、

鼻の奥がツーンとしてくる、

俺はそのまま試合開始のホイッスルが鳴るのを待つんだ。

 

うまくは言えないけれどこれが俺のサッカー人生だ。

 

智星が本当にサッカーを愛しているならとことんまで愛してやれ。

 

 

 

 

 

 

カズさんみたいになりたいと、心から思います。

 

サッカーでは良いパフォーマンスが出せなかった自分だけど、

「伝える」という今の活動の中では、この精神を全うしたい。

 

自分が話した回数は、何十回、何百回になろうと、

聞きに来てくれた方にとっては一生のうち一回の機会かもしれない、

大袈裟かもしれないけれど、毎回そのくらいのつもりで挑みます。

 

 

 

28日にもアフリカで見てきたものを話す機会をいただきました。

一生に一回の機会だと思って頑張ります。

 

“胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように”

「終わりなき旅」

 

良い曲だな~とは昔から思ってたけど、

定番過ぎてあんまり好きオーラは出したくなかった曲です(笑)

 

が、最近マジで響く・・・

 

「いいことばかりではないさ」

「嫌なことばかりではないさ」

 

なんで反対のこと言ってるのにどっちも励まされるんだろう、とか、

そんな些細なところも含めてね。

 

 

 

 

 

 

胸に抱え込んだ迷いが

プラスの力に変わるように

いつも 今日だって

僕らは動いてる

終わりなき旅
Mr.Children

 

 

 

 

 

そういえば、今までそんな風に進んできた気がする。

 

「痛みを知った人は優しくなれる」

 

なんて常套句過ぎてあんまり言いたくはないけれど、

味わってきた痛み、苦しみ、コンプレックスこそが、

誰かに還元できる想いを与えてきてくれた。

楽しんできたことよりも、ずっと多くのことを教えてくれた。

 

その時は辛いけどね・・・最終的には一番力になってるという不思議。

 

 

 

「あってよかった」なんて、口が裂けても一生言えない経験はあっても、

人生に生かせない経験は、きっと何一つない。

自分次第でね。

 

そんな想いで、明後日を迎えられたらと思います。

 

 

 

すべては小さな“1”の積み重ね
~もう1歩先へ進みたいあなたへ~

http://www.facebook.com/events/186381288181830/

6月7日(金)18:00~
東京外国語大学

 

 

 

この日を境に、僕自身も、もう1歩先へ。

 

“I didn’t lose anything, I gained new one.”

今日は大切な後輩の幸せをお祝いしてきました。

 

 

僕がTFT大学連合の代表に就任した時のミーティングに、

清泉女子大学のTFT支部を立ち上げようと初めて来てくれたのを覚えています。

 

感性豊かで、泣き虫。

だけどしっかりと強い芯を持ったまこっちゃん。

 

留学中に出会ったお茶目で(笑)素晴らしいフランス人の彼との国際結婚でした。

 

 

 

TFTメンバーの中にはまこっちゃんファンが間違いなく多かったので、

一種の喪失感を抱いている人も多いはず(笑)

 

だけど、彼女のお父様のスピーチがあまりにも素晴らしかったので、

ちょっとだけご紹介させてください。

 

 

 

 

 

I didn’t lose anything,

I gained new one.

 

 

 

 

 

僕は英語力ないので、多少の誤差はご容赦です。

 

「『娘を失いたくない父親』の姿を見たかった方、残念!」

 

と仰りながら、こんな風にスピーチで語られていました。

「娘を失った」のではなく、「新しい家族を手に入れた」・・・

この言葉に、向こうのお父様も涙を流してらっしゃいました。

 

ご両親がとても素敵な方々で、あのご両親あってのまこっちゃんなんだな~、と、感動でした・・・

 

 

 

母国語だと簡単には通じないからこそ、二人が強く寄り添っているのが感じられました。

末永くお幸せに!

 

 

 

・・・

 

 

 

去年、大事な友人が結婚式に招待してくれた時は、

ドクターストップで参加できず、歯がゆい思いをしました。

今日も2次会までは行けなかったけど、晴れ姿を見れて本当に嬉しかったです。

 

前職がブライダル関連の仕事だったので、こういうシーンに少しでも貢献できていたのかなと、

今更ながら実感しています。

 

もらったパワーで、僕も新しい道を頑張っていかなければ・・・

 

“売上を伸ばすごとに地球が悲鳴をあげるような商売はできないよ。”

今日はちょいと今の自分と向き合ってきました。

色々思うところはありますが、

その話は、気分が向いたらまた明日にでも綴ります。

 

 

 

それよりも!!!

 

 

 

アフリカの話を少しさせていただくために、

今日は中目黒にあるカフェに行ってきました。

その名も、

 

レインボーバードランデブー

http://www.ls-adventure.com/index.html

 

元々肉を一切使わず、オーガニックメインでフェアトレード商品を扱っていた上、

なんとTABLE FOR TWOにまで参加してくださっている素晴らしいカフェです。

 

以前初めて訪問してメニューをいただいた時、一切胃もたれしなかったんです。

それでいて満腹感もばっちり。

「本当に体に良いものを食べるとこうなるのか・・・」と感動しました。

 

はっきり言って、形だけ社会貢献している風に装うことは割と簡単だと思っています。

だけど、このお店の方と話せば、いかに本気の想いで経営されているかが分かりますよ。

 

 

 

 

 

売上の伸ばすごとに地球が悲鳴をあげるような商売はできないよ。

店長

 

 

 

 

 

「正直、売上だけを上げようと思えば、食材変えたり色々できるよ。」

そうも仰ってます。

それを重々承知の上での、上記の言葉なんです。

 

『海賊とよばれた男(著:百田尚樹)』で、志あるビジネスがなんたるかを見ましたが、

この店長さんは僕にとってまさにそんな方。

 

ご自身も「話し出すと止まらなくなるからストップかけてね」と仰られるほど(笑)熱い方です。

草の根から社会を良くしようと、本気で思っています。

嘘だと思ったら店に行ってお店の方と話せばすぐ分かりますよ。

 

 

 

普段の生活の中で、

ちょっと想像力を働かせれば色んなことが見えてくる。

 

なぜ遠くの国から運ばれてきたコーヒーが、

輸送量もかかってるはずなのに、1杯100円で飲めたりおかわりし放題なのか・・・

 

買い物は、毎日出来る投票行動だよ。

 

消費者が求めなくなれば、企業はそれを作れなくなります。

値段だけでものを見ず、1週間に一回だけでもしっかり判断して選んでみる。

それだけでも、多くの人が実践していけば、何かが変わってくるんじゃないでしょうか。

 

声高に善を叫べる有名人や本だけではなく、

こうやって草の根で、露出は少ないかもしれないけど素敵な想いを持っている方々に、

皆さんにもたくさん会って欲しいです。

僕はこのお店がもっともっと認知されて欲しいと強く思っています。

 

ぜひ一度足を運んでみて!!!

 

 

 

最後に、僕がアフリカのことをお話させていただいた後、お店の片付けの時に、

店長はぼそっとこう仰ってくださいました。

 

 

 

やっぱり、“1”が大切だよね。

 

 

 

すべては小さな“1”の積み重ね

 

僕がずっと伝え続けているメッセージ。

本気で動いていらっしゃるこの方にこう言っていただけて、

どれだけ心強かったか・・・

 

このメッセージ、今後も日々を重みを付けていきたい。

「重苦しさ」ではなく、心地よい重さを。

 

6月7日(金)、いただいた力でしっかりこのメッセージを伝え切ります。

 

すべては小さな“1”の積み重ね
~もう1歩先へ進みたいあなたへ~

6月7日(金)18:00~@東京外国語大学

http://www.facebook.com/events/186381288181830/

 

“活動を始める前に、自分が完璧な人間になれるのを待つ?”

毎度毎度告知ですみません・・・

今日で本番3週間前です。

 

すべては小さな“1”の積み重ね
~もう1歩先へ進みたいあなたへ~

6月7日(金)18:00~ @東京外国語大学

http://www.facebook.com/events/186381288181830/

 

おかげさまで、参加表明を130名近くの方からいただいております!

会場となる教室のキャパが167席・・・

もし満員になればパイプ椅子も出動させる構えですが、

ご参加をご検討の方、お友達に声をかけようとしてくださっている方、

できるだけお早めに!

 

毎週金曜日にちょっとした投稿をしているのですが、

今日は「第二号~3週間前~」です↓

 

http://www.facebook.com/events/186381288181830/permalink/189396227880336/

 

テーマは「自己顕示欲」

 

毎日ブログを更新したり、講演活動をしたり・・・

僕はきっと、この「自己顕示欲」が強いんだろうなってよく思うんです。

だから時々、こう思います。

 

自分がやっていることは、自己満なのではなかろうか・・・

 

この悩みって、色んなところで、色んな人から聞きます。

で、色々考えたんですが・・・

 

「自己満」、しょーがないじゃん

 

というのが今の心境です。

人からよく思われたいとか、ちょっと目立ってみたいとか、人に影響与えたいとか、

思って普通じゃないですか?

 

だって、人間だもの。(みつを風)

 

「自己満だから、やめておこう・・・」

 

その程度の想いだったら、その通り、やめた方がいいかもしれません。

 

ただ、自己満と言われようが自分で思おうがなんだろうが、

それでも止まれない衝動が湧くときってあるんです。

 

「自己満もあるかもしれない、それでもやらなきゃ」

 

そう思えたことを、僕は等身大で、そして全身全霊で語りたいと思う。

自分が綺麗な人間になれるまで待っていたら、何もできないのだから。

 

 

 

 

 

活動を始める前に、自分が完璧な人間になれるのを待つ?

今やらなければ。

「やるつもりだったこと」のひとつになってしまう前に。

『私は、走ろうと決めた。 「世界最悪の地」の女性たちとの挑戦』
著:リサ・シャノン
英治出版

 

 

 

 

汚い部分があったっていい。

動こう、想いがあるのなら。

 

“感動した一人の客は25人の客を連れて来る。”

今日もお疲れさま。

本日の良い言葉です。

 

 

 

6月7日(金)の母校での講演会、告知を始めてから一週間が経ちました。

口頭で参加予定と言ってくださっている方も含め、

現段階でなんと100名を越える方から参加の意志を伺っています・・・(泣)

 

現在予定している会場のキャパが167席だったので、

可能であればもう少し大きい教室に変更しようかとも考え中です・・・

 

以前の記事にも書きましたが、今回のイベントのタイトル「すべては小さな“1”の積み重ね」の通り、

準備の段階から参加者一人ひとりを大切にすることを企画者の秀くんと決めています。

なので、(広く告知はしますが)facebookの便利な機能「一斉大量招待」は使わないできました。

 

その代わりに、お一人おひとりを丁寧にご招待させていただいてます。

その成果なのか、人が人を呼び、本当に多くの方に来ていただけることになりました。

 

 

 

 

 

感動した一人の客は25人の客を連れて来る。

そして不満を持った客は一人の客は25人の客を減らす。

松下幸之助

 

 

 

 

主催者の秀くんが参加表明をしてくれた方々お一人ずつに丁寧にメッセージを送ってくれた結果、

参加予定の母校の先生が、授業で受け持っている4クラスの生徒への告知を引き受けてくださいました。

理由は、

 

なんかやたら丁寧なメッセージが来たから

 

だそうです(笑)

 

僕は当日、“1”の大切さについて語ります。

でももうこの準備の段階で、“1”を大切にすることの力をひしひしと感じています。

 

何百人に来ていただこうと、僕はそこにいる“お一人おひとり”に向けて全身全霊で語ります。

 

 

 

すべては小さな“1”の積み重ね
~もう一歩先へ進みたいあなたへ~

6月7日(金)18:00~@東京外国語大学

http://www.facebook.com/events/186381288181830/

 

何をすべきか分からないのに涌き上がる想いって本物かもね。

鎌倉投信のメルマガや、敬愛する英治出版の社員さんもオススメしてくださった本。

2013年本屋大賞の『海賊とよばれた男』、ようやく読み始めました。

 

まだほんの少ししか読んでいませんが、素敵な言葉に出会いました。

 

 

 

 

 

何らかの方策があってのものではなかった。

ただ信念だけが言わせた言葉であった。

『海賊とよばれた男』
著:百田直樹
講談社

 

 

 

 

第二次世界大戦の敗戦による事業継続の困難の中、

重役会議の中で「人員整理」の話が出ます。

しかし、トップの国岡鐵造(くにおかてつぞう)は言います。

 

「一人の馘首もならん!」

 

社員の首切りをしないことが国岡商店の歴史的不文律。

だけど、この時の鐵造の言葉は、

紹介したように「何か方策あってのこと」ではなかったのです。

 

 

 

・・・

 

 

 

想いだけで具体策がないのは良しとされないのが普通。

だけどこの言葉を見て思いました。

 

鐵造のように「どうすべきか分からない」にも関わらず涌き上がってくる想い。

それって実は、正真正銘本物なんじゃないかって。

 

だって、方策が見えているのであれば、

ある程度かっこいいことは誰にだって言えるもんね。

安全圏の中の言葉には、不純物が混ざりやすい。

 

 

 

道が見えないという事実は、想いが本物かどうかを測る天秤なのかもしれない。

見えないからやめておくのか、見えないのに想い続けられるのか。

 

そんな、「見えてないくせに言い放つ」人を見たら、

応援してあげたいなって思います。

 

“今を戦えない者に、次とか来年とかを言う資格はない。”

たまにはこんな時間に良い言葉です。

 

 

 

 

 

今を戦えない者に、

次とか来年とかを言う資格はない。

ロベルト・バッジオ

 

 

 

 

やべぇ、ロビー懐かしすぎる・・・(笑)

 

明日はある高校のOG・OBで現在大学生として集まっておられる“オトハナ”さんの同窓会にて、

ゲストスピーカーとして呼んでいただき、講演させていただいてきます。

 

6月7日(金)の講演の準備の話が最近多かったですが、

まずは直近、目の前の聞いて下さる方々に向けて、誠心誠意を尽くす。

 

一緒に登壇する現TFT-UA代表の後輩が、

「熱い話で火災注意報、涙を流し洪水注意報」

というふざけたメールを相手の団体の代表さんに送ってしまったので(笑)、

最初からハードルが上がっております・・・

 

それでも、“今”を戦ってきます。

 

6月7日のことは、それから。