書籍情報

『日本を大切にする仕事』

日本を大切にする仕事

身のまわりから社会を変える10人の生きざま、働きざま

著者 山岡淳一郎
四六判 並製 256ページ 本体1,600円+税 2011年4月発行
ISBN10: 4-86276-104-6 ISBN13: 978-4-86276-104-0
ジャンル ソーシャルイノベーション
キーワード 社会起業, イノベーション, 支援, コミュニティ , NPO
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

いま、この国のために何ができるだろう。――私たちの社会のさまざまな問題に挑む、草の根「変革者」たちの物語。

――私たちの社会のさまざまな問題に挑む、草の根「変革者」たちの物語。医療、教育、貧困、育児、住居、地域・・・さまざまな分野で問題を抱えた私たちの国、日本。
この本は、そんな日本社会を良くするために奮闘する、草の根の変革者たちを描いた一冊です。
語られるのは、華々しい成功談ではなく、見過ごされがちな課題に挑んだ試行錯誤の物語。
理想に向かって一心に活動を続けるそれぞれの姿から、一生懸命に働くこと、誰かのために生きること、社会を、日本を愛するということの真実が見えてきます。

1、日本の友よ、金持ちより 「心持ち」をめざしませんか?若い医療者が心の師と慕う スマナ・バルア(WHO医務官)

2、誰でも行ける、誰でも暮らせる 村みたいな学校をつくりたかった。教育環境プロデューサー 宮澤保夫(星槎グループ会長)

3、総合職、育休第一号。自分が 味わった思いは後輩にさせたくなかった。病児保育のパイオニア 上田理恵子(マザーネット代表)

4、この国に生まれ、この会社で働いて よかったって思える証を残したい。型破りなファンド創設者 清水学(ユニオン投信取締役)

5、後に続く旅人のために まちづくりにかかわって自治をめざします。シャッター街の復活請負人 古川康造(高松丸亀町商店街振興組合理事長)

6、医師はどんどん地域に入っていくこと。 病院づくりは、まちづくりです。病院経営を診るドクター 盛岡正博(長野県厚生農業協同組合連合会代表理事長)

7、いいオトナを見つけなさい。 組織って、感謝と笑顔、手助けで変わります。女性の起業メンター 奥谷京子(WWBジャパン代表)

8、捨てられるものが再分配できれば、 死にかけていた食べ物が生き返ります。日本型フードバンクの祖 チャールズ・E・マクジルトン(セカンドハーベスト・ジャパン理事長)

9、ちょっと大げさですが、 緩和ケアで社会を変えたかった。「寄り添う医療」を365日実践 小澤竹俊(めぐみ在宅クリニック院長)

10、日本を考えるなら、「壊して、建てる」は 結局、高くつくことに気づこう。再生建築に命を燃やす 青木茂(建築家)
山岡淳一郎(やまおか・じゅんいちろう)

1959年、愛媛県生まれ。
ノンフィクション作家。
「人と時代」「21世紀の公と私」を基本テーマに医療、建築、資源問題から政治、近現代史と分野を超えて旺盛に執筆。
著書に『田中角栄 封じられた資源戦略』『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『亀井静香 支持率0%の突破力』(以上、草思社)、『成金炎上 昭和恐慌は警告する』『マンション崩壊――あなたの街が廃墟になる日』(以上、日経BP社)、『狙われるマンション』(朝日新聞出版)、『命に値段がつく日――所得格差医療』(中公新書ラクレ・共著)、『医療のこと、もっと知ってほしい』(岩波ジュニア新書)ほか多数。

こちらもおすすめ

『「社会を変える」お金の使い方』

『「社会を変える」お金の使い方』

ジャンル:ソーシャルイノベーション
キーワード:社会起業家

『「社会を変える」を仕事にする』

『「社会を変える」を仕事にする』

ジャンル:ソーシャルイノベーション
キーワード:社会起業家

『クレイジーパワー』

『クレイジーパワー』

ジャンル:ソーシャルイノベーション
キーワード:社会起業家

サイト内検索