書籍情報

『アクセンチュア流 逆転のグローバル戦略』

アクセンチュア流 逆転のグローバル戦略

ローエンドから攻め上がれ

著者 西村 裕二
四六判 上製 288ページ 本体1,800円+税 2009年11月発行
ISBN10: 4-86276-069-4 ISBN13: 978-4-86276-069-2
ジャンル 政治・経済, 経営・マネジメント
キーワード 企業, 新興国, 世界経済
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

◆猶予期間は3年! 日本企業再生のラストチャンスとは?◆

新興国市場が決定的に重要となる時代がやってきた。急速に進む「多極化」にどう向き合うのか? 世界のハイパフォーマンス企業500社の調査をもとに、日本企業の進むべき道を大胆に提言する。

  • 2008年金融危機後に世界経済は低迷しているが、やがて不況が終われば、新興国企業を交えた、かつてない大競争の時代になる。日本企業は内にこもらず外に打って出ることが必要だし、その力も秘めている。
  • 日本企業と海外ハイパフォーマンス企業500社の比較分析を踏まえて、日本企業が世界で勝つため、生き残るために乗り越えるべき課題を示す。
  • インド、中国はじめ新興国の市場および産業のもつ圧倒的な潜在力を提示。特に新興国の中流・貧困層の市場は成長力が高い。
  • これまで日本企業はハイエンド(高付加価値)製品ばかり追求していたが、これからは「ローエンド」(低価格製品)の市場が重要になる。海外市場にローエンドから入り攻め上がっていくのが、新たなグローバル戦略だ。

第1章 不況の今こそ求められるパラダイム・シフト
第2章 多極化時代のハイパフォーマンス企業
第3章 市場創造力――市場参入から市場創造へ
第4章 M&A力――足し算から掛け算へ
第5章 ものづくり力――各国対応から世界標準へ
第6章 オペレーション力――カイゼンから標準化へ
第7章 経営管理力――小さな本社から強い本社へ
第8章 日本企業のハイパフォーマンス企業への挑戦

西村 裕二 (にしむら・ゆうじ)

アクセンチュア株式会社 執行役員 経営コンサルティング本部 統括本部長。
大手化学会社を経て1990年アクセンチュア入社。米国での経営コンサルティング経験を経て、帰国後、日本にて製造流通業、通信ハイテク業界を中心に数多くのコンサルティングに従事。特に、多極化世界に対応した日本企業のグローバルでのM&Aを含めた成長戦略を得意領域としている。製薬業界 アジア・パシフィック統括、戦略グループ統括を経て2006年経営コンサルティング本部統括に就任、(2009年から戦略グループ アジア・パシフィック統括を兼任し)、現在に至る。共著に『バリューネットワーク戦略』、『サプライチェーン理論と実践』(ダイヤモンド社)等。またその他講演、論文、寄稿なども多い。

こちらもおすすめ

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:ハーバード

『エクセレント・カンパニー』

『エクセレント・カンパニー』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:復刊

『国をつくるという仕事』

『国をつくるという仕事』

ジャンル:政治・経済
キーワード:世界銀行

サイト内検索