書籍情報

『誰が世界を変えるのか』

誰が世界を変えるのか

ソーシャルイノベーションはここから始まる

GETTING TO MAYBE

著者 フランシス・ウェストリー
著者 ブレンダ・ツィンマーマン
著者 マイケル・クイン・パットン
著者 エリック・ヤング
訳者 東出 顕子
四六判 上製 288ページ 本体1,900円+税 2008年8月発行
ISBN10: 4-86276-036-8 ISBN13: 978-4-86276-036-4
ジャンル ソーシャルイノベーション
キーワード 社会起業家, イノベーション, たんぽぽ
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

世界の見方が変わる一冊!

ひとりの一歩が、こうしてすべてを変えていく

人は誰でも、世の中の現実に不満や疑問を抱くことがある。身のまわりの世界を、よりよいものにしたいと望む瞬間がある。だが、私たちは、社会を変えるのは一握りの偉大な人々だと考えがちだ――が、そうではない。世の中の変化は、時代の流れは、意外なところで生まれるのだ。

ソーシャルイノベーション――劇的な社会変革は、物事を個別に見ることをやめ、社会のシステムを構成するさまざまな要素間の関係をつかむことから始まる。この「システムと関係」のレンズを通して、本書は人と人、個人と集団、人と社会の間にひそむ関係性のルールを明らかにする。

犯罪を激減させた“ボストンの奇跡”、HIV/AIDSとの草の根の闘い、いじめを防ぐ共感教育プログラム、失業・貧困対策、自然保護、障害者支援……それぞれの夢の軌跡から、コミュニティを、ビジネスを、世界を変える方法が見えてくる。インスピレーションと希望に満ちた一冊。

目 次
序文 チェンジメーカーの時代 
本書ができるまで 希望とともに
第1章 暮れ初めの灯り 
ブラジルはなぜ変わったのか 複雑性は可能性を意味する単純、難解、複雑 今いるこの場所が最良の出発点 結果を予測できなくても 世界の変化の一部になる 思考は行動の一形態 「かもしれない」をめざす

第2章 「かもしれない」をめざして 
ボストンの奇跡 暴力と闘う――立ち上がった牧師たち 社会を変えるために自分が変わる 使命が自分をつかまえるストレンジ・アトラクタ 世界は驚くほど単純なルールで動く ハリケーン・カトリーナが教えたもの 社会起業家はルールを変える

第3章 静思の時
ムハマド・ユヌスの怒り 「システム」を変える 社会起業家は行動しながら考える 人と世界の対話 レジリエンス 変革のサイクル PLAN誕生までの闘い 成長のステップ

第4章 強力な他者
敵はどこにいるのか 権力とは何か リーダーシップの転換 絶滅危惧種を救え「関係」を築くこと 権力と巧みにわたり合う 政府が動かないから自分が動く いじめを根本的に防ぐ 共感とは何か 力の流れを変える緩和医療のムーブメント 抵抗勢力に挑む 相手の言語で語る

第5章 世界があなたを見つける 
急激な変化は創発(出現)するフロー体験――集合的沸騰とは何か 自己組織化――変形菌(粘菌)のふるまい ダグ(情報)は命――アファール族の教え 草の根の行動がなぜ起こったかソーシャルイノベーションは病気に似ている? プランニング(計画)ではなくクラフティング(創作) 都市経営、産業クラスター、アリのコロニーワーキングプアを救え さまざまなものを巻きこむ 意図と創発のせめぎあい ジャズの即興演奏のように

第6章 冷たい天国 
ルワンダの悲劇孤独と絶望に屈することなく ストックデールの逆説――希望と現実 地域コミュニティ再生の取り組み 現実の複雑性を知り、学習を重視する無料食堂から始まった貧困緩和プログラム 真に大切な説明責任とは

第7章 希望と歴史が韻を踏む時 
娘を交通事故で失って さまざまな動きと合流する成功の後の混乱 スペースシャトル〈コロンビア〉はなぜ墜落したのか ほんとうの患者中心医療をめざす 適応度地形――山を登るにつれて景色は変わるクロススケールな変化とカスケード効果 ソーシャルイノベーションが日常になる カサンドラの逆説

第8章 ドアは開く 
もしもドアをくぐらなければ探検家としての心構え 予測していなかった結果でも 結局、誰が社会を変えるのか 完璧な人間はいない
著者:フランシス・ウェストリー(Frances Westley) 
戦略的変革とビジョナリー・リーダーシップの分野で幅広い著書がある。デュポン・カナダのソーシャルイノベーション・シンクタンクを率いる。マギル大学経営大学院を拠点に活動しており、本書の発想の多くはそこで発展した。

著者:ブレンダ・ツインマーマン(Brenda Zimmerman)
ヨーク大学シューリック・ビジネススクール教授。組織を複雑系の理論に当てはめた研究・執筆活動に携わっている。

著者:マイケル・パットン(Michael Quinn Patton)
フリーの組織開発コンサルタント。プログラム評価の技術と科学に関する著書多数。

序文:エリック・ヤング

訳者:東出 顕子(ひがしで・あきこ)
翻訳家。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。翻訳会社勤務を経てフリーに。訳書にシェリー・カーター=スコット『ハートフル・ストーリーズ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2006年)、ロレッタ・シュワルツ=ノーベル『アメリカの毒を食らう人たち』(東洋経済新報社、2008年)など。

こちらもおすすめ

『ビジョナリー・ピープル』

『ビジョナリー・ピープル』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:仕事

『エクセレント・カンパニー』

『エクセレント・カンパニー』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:復刊

『熱狂する社員』

『熱狂する社員』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:社員

サイト内検索