書籍情報

『石油 最後の1バレル』

石油 最後の1バレル

A THOUSAND BARRELS A SECOND

著者 ピーター・ターツァキアン
訳者 東方 雅美
訳者 渡部 典子
四六判 上製 384ページ 本体1,900円+税 2006年12月発行
ISBN10: 4-901234-96-X ISBN13: 978-4-901234-96-2
ジャンル 政治・経済
キーワード 石油, エネルギー, グローバル化
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

石油、本当はどうなるのか?

やはり枯渇するのか? OPEC、石油資本の思惑は? 代替エネルギーはあるのか? ガソリン価格はどうなる? ブレークポイントは2007年? 水素? 燃料電池? 中国の需要はどこまで増える? 市場はどう反応する? 新ビジネスのチャンス到来? カナダの重要性?

「石油時代の終焉」は、どのように起こり、世界と我々の生活に何をもたらすのか? 多面的視点で問題の核心に迫った衝撃作。


>>各界著名人が推薦「石油時代の終焉」は何を意味するのか?
エネルギー問題の本質と世界の未来を描く

 2006年、世界の石油消費量は1秒あたり1,000バレルにのぼる。中国はじめ新興国の台頭により需要が急増する一方で、地球上の巨大油田はほぼ発見し尽くされており、供給体制に深刻な変化が生じている。原油価格の高騰、各国の思惑が交錯するグローバルな利権抗争の中で、これから何が起こるのか。
 本書は、エネルギー問題が世界と我々の生活に与える影響をクリアーに分析し、来たるべき「ブレークポイント(=石油時代の終焉)」と、それにより生まれる新たなビジネスチャンス、代替エネルギーの可能性、そして世界の未来の姿を鮮やかに描き出す。「前石油時代」以来のエネルギーの歴史から見えてくる問題の本質と、ビジネス、経済、テクノロジー、政治、ライフスタイル等、多角的な視座から示される新時代のビジョンに、我々はどう向き合うか?

訳者まえがき
序章 変貌する石油
第1章 最後の鯨油ランプに火をともす
第2章 33%の優位性
第3章 車輪がまわらない
第4章 地球の果てへ
第5章 技術という切符
第6章 迫り来る足音
第7章 新たなる黄金の時代へ
著者:ピーター・ターツァキアン
エネルギーを専門とする世界有数のプライベート・エクイティ企業、ARCフィナンシャル・コーポレーションのチーフ・エコノミスト。
地球物理学、経済学、ファイナンスを学び、起業家精神溢れるターツァキンは、現場での石油探査フィールドワーカーからスタートし、国際的に有名なトップランクのアナリストとなった。国際的な企業や組織の経営幹部からも支持されている。世界のエネルギーのトレンドをまとめたARCエネルギーチャートを毎週発行している。

訳者:東方 雅美(とうほう・まさみ)
慶應義塾大学法学部卒。バブソン大学経営大学院博士課程修了。
大手出版社にて雑誌記者として勤務した後、教育関連企業の出版部門にて、経済・経営書の企画・制作に携わる。現在は独立し、書籍の翻訳、編集、執筆、および企画・コンサルティング等を行う。翻訳書に『リーダーを育てる会社・つぶす会社』(英治出版)、『MBAクリティカルシンキング』(ダイヤモンド社)などがある。

訳者:渡部 典子(わたなべ・のりこ)
お茶の水女子大学卒。アメリカの公立高校で日本語教師を経た後、日本技術貿易に入社。慶應ビジネス・スクールでMBAを取得後、グロービスで研修講師、教材開発、出版事業に従事。現在は独立し、書籍の翻訳、編集、研修講師、出版やマーケティング関係のコンサルティング等を行う。翻訳書『ブランド・ストレッチ』(英治出版)、共著書『新版MBAマネジメント・ブック』(ダイヤモンド社)などがある。
歴史は将来に起こるターニングポイントを予言する。このことを本書は改めて思い起こさせてくれる。

エンカナ会長兼CEO
グウィン・モルガン

素晴らしい本だ。この産業における私の40年のキャリアのなかで、世界が直面する難問と将来のビジョンについて、これほどまでクリアーな議論が行われるとは考えてもみなかった。

ガフニー・クライン&アソシエイツ シニアパートナー
ピーター・ガフニー

まさに時宜にかなった本だ。我々が現在おかれている状況とその戦略的な構想を提示している。本書に示された洞察から我々は学び、それを活用することができる。世界すべての政策立案者にお薦めしたい。

アメリカ下院議員
チャールズ・F・バス

我々の社会は石油中毒に陥っている。この極めて重要で複雑な問題に挑戦した著者に敬意を表したい。エネルギーの歴史と現代の状況とその影響、そして未来のために採るべき戦略について克明に記されている。

コモンファンド・キャピタル マネージングディレクター
グレゴリー・B・ジャンセン

エネルギー危機の背後にひそむ真実を解き明かした本だ。石油の問題が今後15年間にわたって世界をどう動かしていくのかが見事に描かれている。我々不動産業を営む人間にとっても必読書である。

リーマックス・インターナショナル会長
デイブ・リンガー

今日のビジネスリーダーにとって、エネルギー問題が我々の生活に与えるインパクトを理解することは不可欠である。本書はこの複雑な問題を完璧にクリアーにしてくれた。

リンケージCEO
フィル・ハーキンス

---------------------------------------------------
「月刊アスキー」 4月号 一読必冊で紹介されました。

2007.2.24

12月22日(金)日経新聞 半5段広告

三省堂書店全店で、経済書ランキング2位、理学書ランキング2位!

2006.12.8 - 13

こちらもおすすめ

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:ハーバード

『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』

『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:仕事術

『シンクロニシティ』

『シンクロニシティ』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:ピーター・センゲ

サイト内検索