書籍情報

『リーダーを育てる会社・つぶす会社』

リーダーを育てる会社・つぶす会社

人材育成の方程式

The Leadership Pipeline

著者 ラム・チャラン
著者 ステファン・ドロッター
著者 ジェームズ・ノエル
訳者 グロービス・マネジメント・インスティテュート
A5判 上製 288ページ 本体2,200円+税 2004年4月発行
ISBN10: 4-901234-47-1 ISBN13: 978-4-901234-47-4
ジャンル 経営・マネジメント
キーワード リーダーシップ, 企業, グロービス
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

米ゼネラル・エレクトリック社(GE)でリーダーシップ開発に携わってきた著者たちが、優れたリーダーシップを育てるためのフレームワーク、「リーダーシップ・パイプライン・モデル」を紹介。シティグループやマリオット・インターナショナルなど多くの米企業で用いられ効果をあげている。

このパイプライン・モデルに関する解説のほか、リーダーシップの新しい捉え方、管理職の育成方法、モデルの活用方法について豊富な事例を交えながら具体的に説明して、人材育成システムの問題発見と解決、リーダー個人の課題発見などに役立つアプローチを提供。

はじめに
序章 なぜリーダーが不足するのか
第一章 パイプライン・モデルの概要
第二章 係長への昇格
第三章 課長への昇格
第四章 部長への昇格
第五章 事業部長への昇格
第六章 事業統括役員への昇格
第七章 経営責任者への昇格
第八章 診断ツールとしてのパイプライン・モデル
第九章 パイプラインの整備
第十章 後任者をいかに育成するか
第十一章 リーダーシップ開発の障害を乗り越える
第十二章 コーチングへの活用
第十三章 職務機能におけるキャリア・パス
第十四章 パイプライン・モデルの活用事例
著者からのメッセージ
著者:ラム・チャラン(Ram Charan)
GE、シティコープをはじめとするフォーチュン100社やベンチャー企業のCEOのアドバイザー。世界各国の大企業でリーダーシップ開発のコンサルティングを行う。ビジネスウィーク誌が発表した役員教育プログラムに関するランキングで、全米第2位に選ばれた。ハーバード・ビジネス・スクール、およびノースウェスタン大学大学院ケロッグ・スクールで教鞭を執った。著書に『Boards at Work』、共著書に『Every Business Is a Growth Business』などがある。

著者:ステファン・ドロッター(Stephen Drotter)
GEにて初期の後継者育成プロセスを導入。シグナ保険、チェースマンハッタン銀行などで人材開発に携わったほか、コンサルタントとして、多くのグローバル企業の役員教育に携わってきた。現在は、後任者の育成を専門とするドロッター・ヒューマン・リソーシス社を運営。共著書に『The Succession Planning Handbook of the CEO』がある。

著者:ジェームズ・ノエル(James Noel)
GEで役員教育やリーダーシップ開発、フィリップ・モリスで役員教育に従事し、バーリントン・ノーザン鉄道では人材開発担当バイス・プレジデントを務めた。現在は、役員育成を専門とするコンサルティング会社、ノエル・アンド・アソシエイツを運営。

訳 :グロービス・マネジメント・インスティテュート
グロービス・グループの各事業を通じて蓄積した知見に基づき、実践的な経営ノウハウの研究・開発を進める。書籍の出版、デジタル・コンテンツの作成、経営能力の診断テストなどを行い、社会全般の経営・ビジネスに関する知的レベルの向上を目指す。グロービス・グループには、ほかに以下の事業がある。

グロービス・マネジメント・スクール(ビジネス・スクール事業)
グロービス・オーガニゼーション・ラーニング(人材育成・組織開発事業)
グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
  1号ファンド:グロービス・インキュベーション・ファンド
  2号ファンド:エイパックス・グロービス・ジャパン・ファンド
グロービス・マネジメント・バンク(人材紹介・バンク事業)
好評ロングセラーにつき、3刷重版決定。
2007.11.22

「グロービス選書」シリーズ創刊に関するプレスリリースはこちら

こちらもおすすめ

『選ばれるプロフェッショナル』

『選ばれるプロフェッショナル』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:プロフェッショナル

『エクセレント・カンパニー』

『エクセレント・カンパニー』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:復刊

『熱狂する社員』

『熱狂する社員』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:社員

サイト内検索