採用情報

英治出版では、以下の職種の募集を行っております。新しいビジネスに一緒に取り組んでくださる方のご応募、お待ちしております。

パート・アルバイト募集要項

下記にスタッフの声を掲載していますので、ぜひご覧ください!

○首都圏

雇用形態 パート・アルバイト
募集定員 若干名
勤務内容 書店営業
(東京都内を中心とした書店への訪問営業、地方書店への電話営業、拡販材料作成など)
勤務地 東京本社(オフィス:JR/東京メトロ 恵比寿駅 徒歩2分)
>>アクセスマップ
勤務時間 標準勤務時間:10時~17時内で応相談
応募条件 月曜日?金曜日(土・日・祝日を除く)で週2回以上
半年以上働ける方 大学1?2年生・主婦の方など
未経験者歓迎
時給 1,050円(交通費 別途支給)
勤務開始日 応相談
お問合せ 英治出版株式会社
TEL:03-5773-0193 担当:田中
お名前・年齢・ご住所・ご連絡先・ご所属を明記のうえ、お問い合わせフォームからご応募ください。
(件名を「アルバイト募集」にしてください)

仕事の内容

主に書店に対して、ビジネスや経済・社会・国際情勢などに関する書籍を紹介する仕事(営業)です。

取引先(書店)から注文をいただくことはもちろん、店頭の状況を調査し、売り方を社員や書店員さんと一緒に考え、 プレゼン資料や販売促進用のチラシを作る……といったように、意欲と能力によっては幅広い仕事ができます。

同じ作業を繰り返していればOKという仕事ではありません。つねに前向きな姿勢と努力、そして創意工夫が求められます。また、数字上の成果だけでなく、取引先と良い「関係」をつくることが大切になってきます。

幅広い能力を磨き、人間的に成長する機会が得られます。

スタッフの声

瀬頭絵真(せとう えま)さん |現役(書店営業)
中西さおり(なかにし さおり)さん|現役(書店営業)

瀬頭絵真(せとう えま)さん|現役(書店営業)



英治出版では、どのような場面においても
「自分は目の前の仕事をどのような夢のために行っているか」
ということが求められていると思います。

営業のアルバイトでもそうです。
ある程度の業務内容は決まっていますが、
自分が身に付けたいと思うことの領域や学びたいという
思いの強さで、業務の幅の広さや濃さが決まります。

みなさんだったら、どんな夢を持って
どのように英治出版で働いてみたいですか?

私の場合、「本屋さんのために行動できる営業になりたい」
という夢を持ち、大学3年生の夏からこのアルバイトを始めました。

例えば、英治出版で企画した「一生役立つビジネススキル&ビジネスフェア」を
初めて訪店したお店で開催していただくことがありました。

当時の私は特にスキルも無く分からないことだらけでしたが、
「本屋さんがやって良かったと思うフェアにしたい」という夢を持って、
とにかく社内にある本を読み進めて、キャッチコピーを作成し、
お店の方と販促物のデザインを考え…と、頭と心と足を動かし始めました。
まあ、動きが鈍いし下手くそなんですね。しかし、そのような私を応援して、
編集や販促物について教えてくださる社員さんのおかげで、
だんだんと自分の「行動」が「仕事」として深みが出て来るようになりました。

結果フェアの反応が好調だった上、書店の担当者の方から
「瀬頭のやるフェアだったらまたいつでもやりたい」という言葉をいただいた時は
とても嬉しかったです。

私は大学卒業後、他業界の営業として働く予定です。
「誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する」会社で、
自分の夢を応援され、「仕事の生まれ方」を教わった日々は
これからの私の土台になっていくと思います。



中西さおり(なかにし さおり)さん|現役(書店営業)



仕事内容が日々更新していくので、飽きることがありません。
知的好奇心が刺激され、脳が活性化されます!

具体的な例を一つ上げるとすると、
昨年出版された『あそびのじかん』という書籍は、
子どもの”あそび”について分析をしている本なのですが、
そこからヒントを得て、結婚記念日に”レストランごっこ”と称し、
外食の予算を上質な食材に費やし、
子どもたちがシェフ役となって厚紙でメニューを用意、
ハンバーグとサラダ、デザートを作ってもらい、
私と主人がお客様として迎え入れてもらうということをしました。
今でも大切な思い出として記憶に残っています。

ビジネス書の内容は多岐に渡り、
哲学的な内容、自己を内省するものも多く、
普段の生活と全く関係ないように思えても、
自分の思考にじわじわと影響を与えている書籍もあります。

今年5月に発刊された『謙虚なコンサルティング』の中で、
人とのコミュニケーションの深さを段階別に描いているのですが、
それはそのまま営業として書店員さんと接する際に
適用出来るので、改めてとても実用的だと思います。

社内では、社員さんとの距離感がほぼなくて、
企画会議や講演会に参加出来る機会もあり、
自ら望めば、いくらでも志高く活動することが出来ます。
頭脳集団ですので、そこから受ける刺激はピカイチ。
でもピリピリしているわけではなく、月1程度でみんなで集まるような
ご飯会があったりして和やかです。

私はこの仕事をしてから、多少なりとも読書のスピードが上ってきました。
学生時代に置き去りにしてきた学問的思考が蘇ります。

あと主婦には肝心の、
働く曜日や時間に関しても相談し易い雰囲気で、
子育てとの両立もさせてもらえて、非常に助かっています。

数字至上主義の営業スタイルではなく、
「誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する」という理念のもと
「良質な書籍を広めていく」という営業スタンスがとても好きなところで、
私がポジティブに営業出来る重要な要因でもあります。
英治ブランド力を高める仲間を心待ちにしています!



正社員 募集要項

現在、募集は受け付けておりません。

英治出版について

サイト内検索